ご挨拶

自然災害の備えと新たなる総合的インフラ設備への挑戦!!

私たちの住む地球…
その何十億年に生き続ける地球の壮大な環境変化の中で世界があり地球表面に海洋が存在し、そして我が国日本列島は、地球活動のひとつ火山地域のもっとも活発な場所に位置しています。
近年頻繁に起こる巨大地震、火山噴火に備えた対応が人々の安全を守る最も重要視しなければいけない課題、それが自然災害の備えだと思います。
又、インフラ整備もいくつかあり通信・生活・IT・交通他すべての分野において進められ長年の経済成長と共に変化し人々にサービスされて来ました。
私たち朝日工営は、貢献できるインフラ整備分野のひとつとして、津波や地震の様な自然災害に備えた、港湾・河川・空港の護岸域にあたる築造工事や補強工事に専念して参りました。
専門分野である、水中での施工技術を今よりもっと効果的且つ安全に進めるためにキャリアを積んだ我々技術者のスタッフと共に一歩進んだ機械施工を目指し、皆様の備えと安全な社会を守る一員としてこれからも努力し取り組んで参ります。

朝日工営株式会社
代表取締役 芹田 一平

会社概要

商号 朝日工営株式会社   カタログ
所在地 本社・工事部
〒555-0033 大阪府大阪市西淀川区姫島5丁目11-15
TEL:06-6475-1237 
FAX:06-6475-1247
作業船基地ヤード
〒552-0011 大阪府大阪市港区南市岡1丁目 尻無川右岸荷捌地
三重作業所
〒517-0506 三重県志摩市阿児町国府字下ノ東1-10
代表
取締役
芹田 一平
設立 平成11年1月 (創業 平成8年5月)
資本金 1,000万円
従業員
15名
施工管理技士 5名 
各種技能者 7名 
(他専門資格者 10名)
許可
番号
建設業 大阪府知事許可(搬-30)
第111838号
とび、土工工事・土木工事・石工事・管工事・鋼構造物工事・浚渫工事・大工工事・解体工事・水道施設工事・舗装工事
産業廃棄物収集運搬業許可
(大阪) 第02700218662号
(兵庫) 第02803218662号
取引
銀行
北おおさか信用金庫(歌島橋支店)
三菱UFJ銀行(歌島橋支店)
京都銀行(歌島橋支店)
主要
取引先
極東建設・深田サルベージ建設・森長組・本間組・友田組・アジア建設工業・あおみ建設・興生建設・寄隆建設・日宝建設工業・小島組・他優良企業 (順不同)
所属
団体
日本潜水協会 神戸支部会員・大阪水上安全協会 会員・PHP研究所 関西支部会員
協賛協力会社 極東建設・大志海工・DIVENEEDS・日本アクアラング・阪本商会・友田組・日本ヒルティ・港建機・サコス・丸大工業・コンセック・竹田鉄工・穂高電子 他

ご挨拶

私たち朝日海洋は朝日工営のキャリアを積んだ技術スタッフと共に一歩進んだ水中施工を目指し、次世代に引き継ぐため潜水施工を若い世代にもひろげ近未来だけではなく10年後・20年後又はその先につながる会社つくりに取り組んで参ります。
また水中での潜水施工に必要な水中電話呼吸監視装置などの水中機材開発に自らが取り組むことで水中作業を効率よく行うために使いやすさを求め改良を重ね作成することで潜水施工技術が高まり今、急がれる自然災害の備えである水中での施工に安全な社会を守る一員として社員・役員が一丸となって努力して参ります。

朝日海洋株式会社
代表取締役 芹田 太一

会社概要

商号 朝日海洋株式会社
所在地 本社
〒660-0843 兵庫県尼崎市東海岸町38
TEL:06-6435-9277 
FAX:06-6435-9278
アンダーウォーターテクノロジー
〒230-0073 横浜市鶴見区獅子ヶ谷1-11-38-208
TEL・FAX:045-583-4050
代表
取締役
芹田 太一
設立 平成30年2月創業
資本金 500万円
従業員
5名
施工管理技士 3名
許可
番号
建設業 兵庫県知事許可(搬-30)
第219580号
とび、土工工事・土木工事・石工事・鋼構造物工事・鉄筋工事・浚渫工事・解体工事・水道施設工事・舗装工事
産業廃棄物収集運搬業許可
(大阪) 第02700217879号
(兵庫) 第02803217879号
取引
銀行
北おおさか信用金庫(歌島橋支店)
京都銀行(JR尼崎駅前支店)
主要
取引先
興生建設・松田組・香山組・他優良企業 (順不同)
協賛協力会社 極東建設・朝日工営・大志海工・ダイブニーズ・阪本商会・アンダーウォーターテクノロジー・穂高電子 他

アクセス

↓ こちらのアイコンを押すと、リストが表示されます。

沿革

平成6年
10月
朝日工営工事として、港湾海洋土木、潜水工事の請負業を創業
平成11年
1月
現社長 芹田一平が就任
平成12年
10月
極東建設株式会社のグループとして、近畿圏の水中BHを主とした
水中機械施工工事に取り組む
平成15年
4月
大阪市守口市に淀川北部河川工事部を設置
平成17年
5月
資本金増額により朝日工営株式会社に組織変更
平成18年
5月
耐震補強事業部を開始
平成19年
5月
淀川北部河川工事部を移転し本社と統合
平成19年
6月
コンクリート構造物補修工及びコンクリート打放し補修事業部開始
平成24年
5月
朝日工営 東北塩竈作業所を開設
平成26年
4月
東北塩釜事務所移転により東北作業所に変更
平成26年
11月
ダウンホールバージ(切込台船)
ASA-109号 4.9tクローラクレーン搭載
平成27年
3月
東北作業所 完了閉店
平成28年
4月
ユニフロート台船
ASA-210号(BH0.8㎡搭載)
平成30年
1月
橋脚下部ポンプ台船
ASA-106号(30HP改造型)
平成30年
2月
朝日海洋株式会社創業
水中機材技術開発に取り組む
令和元年
5月
朝日海洋株式会社より
水中有線同時通話型装置 改良版を製作・販売
令和元年
9月
ユニフロート台船
ASA-311号(BH0.45㎥搭載)

企業理念

私たち朝日工営はさまざまな分野に、独創的なノウハウを持っています。

近年、社会的問題にもあげられているインフラ整備、又は自然災害をプロテクトするあらゆる耐震構造物の補強技術、これらの施工はもとよりあらゆる場所に対応出来るキャリアを積んだ技術員により、私たち朝日工営はこれまで困難を要する難工事を数多く手掛けてきました。
近況、一般の構造物施工又は各分野における整備工事、環境保全に関わる物件については近代技術を取り入れた機械化の導入が積極的に進められてきましたが、水中での施工技術についてはその機械化がまだまだ遅れていました。
私たちは今までの人力による大きなリスク、すなわち総合的危険性の伴う作業をどうすれば安全かつ、効果的に作業を促進出来るかを常に考えて作業に従事してきました。
経験と熟練に裏付けられた高度の技術者は必要不可欠ではありますが、必要に応じて施工方法を機械化する事で安全にそして機動的に作業を進められると私たちは確信しています。
目まぐるしく移り変わる時代の中で、常に時代の先を見つめながらお得意様のご期待に添う様、トータルコストダウンを目指し取り組んで参ります。

運営組織図

PAGE TOP